30倍時間を短縮した新しい溶接技術は、現代の工場の処理能力を最大化します。

[PRESSWIRE] London, United Kingdom – 19 July, 2018 -- 真空チャンバーなしで電子ビーム溶接を実現できるこの新しいテクノロジーは、大規模な生産プロジェクトの効率性を向上させます。ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリングによって英国で開発された、革命的なEBFlowは、多くの経済利益を持つ柔軟、効率的で高度な生産技術を提供します。

運転試験では、Ebflow は従来のアーク溶接より20倍から30倍速い作業が実現されており、生産性を画期的に改善できます。多くのセクターのメーカーがこれによりビジネスモデルを変更し、設備の真の生産的可能性を開く、処理能力の大幅増加を達成できるでしょう。

多くの産業が、毎年コスト効率が求められる、膨大な量の「厚い断面」(20mm以上)鉄鋼建築物を利用します。  これらの厚い断面構造をコスト効率良く製造を阻むものの一つが溶接時間まと関連コストでした。

一例として、長さ5メートル (直径1.7メートル) で厚さ60mmの「厚い断面」を持つ部材の溶接が必要な重工業では、従来の方法の12時間と比較して50分で同じプロセスを達成することができました。これは、潜在的に毎時£4011人時を節約できます。さらに核セクターのもう一つの例は6000時間を超える「アークオン」溶接時間かかっていた、典型的な40メーターの長いモノパイル(厚い60mm)の製造です。EBFw技術では溶接にかかる時間を200時間以下まで短縮でき、85%以上のコスト削減につながります

もう一つの重要な改良はより大きなキャパシティー処理能力です、EBFlowでは缶および小型装置の製品価格は20 - 25%削減され、年ではなく数か月で投資リターンをもたらします。標準的水中アーク溶接プロセスと比較して、Ebflow 使用時は溶接1メートル当たりに要するエネルギーが75%も少なく、節約になります。

 

多くの経済利益があり、より運転資金の必要が低くなります。またコンポーネント溶接で、従業員と人件費が削減されます。  充填材料が必要なく、輸送費を削減し、消費コストも最小に維持され工場炭酸ガス排出量も削減できる利点があります。

 

過去に、従来の真空槽が材料溶接に使用されました。しかし、「EBFlowシステム」はチャンバおよび関連する揚水装置を必要としません。これは、溶接時間、および溶接工場でアップグレードの可能性があり、このエリアでのボトルネックが劇的に縮小されます。再投資の点では、数百万規模の節約から、工場のどこか他のところで新技術を実装する機会ができ、処理能力増強によりって研究開発活動および全体的な収益性を増加させます。

 

ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリングの代表取締役 ボブ・ニコルソンは、この革新について次のように発言しました:「すべての研究開発をイギリスで行った革新的な EBFlow 技術は、重工業エンジニアリングの業界全体で組立工程の生産性を飛躍的に向上させるでしょう。多くの場合、溶接スピードは従来の方法と比べて30倍速くなります。産業界の中で一般に使用される一連の「厚い断面」鉄鋼建築物のコストを下げることによって、EBFLowは、製造部門の成長、および将来の工場作りに重要な役割を果たすでしょう。」

--

編集ノート:

ワード数:555

 

ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリングの会社概要

ケンブリッジ・バキューム・エンジニアリング (CVE) は生産工程ソリューションの設計・製造会社です。電子ビーム (EB) システムおよび真空炉 (VF) 製造においては60年の経験を持ち、本社はイギリス ケンブリッジに置いています。CVE は、最高100Wまでのビーム出力を持つ50200kVのシステムなど、幅広い設備の商品をご提供しています。

メディアお問い合せ先:

ムーヴ・マーケティング

Tel: 0161 359 4363

電子メール: info@movemarketing.co.uk

EBFlow 技術についての詳細な情報は次のページをご覧ください - www.ebflow.com

EBFlow のメーカーについての詳細な情報は次のページをご覧ください - http://www.camvaceng.com/